すぐ借りられる即日融資は申し込み時間チェックが最大のポイント

即日融資なのに即日じゃないケースも

急に入用になった時に便利な即日融資ですが、申し込みを一つ間違えるとそのメリットが受けられなくなる事をご存知ですか?即日融資に対応している金融機関は多々ありますが、申し込む時間帯によっては即日ではない可能性があるのです。融資の際に必要不可欠な審査は、24時間行われているわけではありません。

 

インターネットで申し込む場合はやはり審査が早いので、即日融資にはギリギリの夕方や夜であっても、審査回答をもらえる確率が高いです。しかし、休み前や給料日前など申し込みをする方が多い日や時間帯だと、申し込みをしたとしても審査回答が来るのは翌営業日になるケースもあります。

 

とにかく急ぎたい!口コミで選ばれている最速キャッシングはここ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

即日融資を受けたいなら、なるべく早くが鉄則

このように、申し込む日や時間帯によっては即日融資のメリットが受けられない場合も少なくありません。即日融資を確実に受けたいのならば午前中、もしくは遅くとも平日の14時までには申し込むを済ませましょう。また、この申し込み時間のリミットは、平日15時という銀行振込が反映される時間を考慮すると、銀行カードローンでも消費者金融キャッシングでも同じと考えましょう。審査スピードの早さが売りのキャッシング会社でも、審査時間は30分以上かかります。振込の反映時間を考えれば、14時までの申し込みが安心確実です。

 

遅くなった時は自動契約機を活用

審査回答が15時を過ぎてしまうと銀行振込は利用できず、即日融資を受ける事はできません。こんな時は、金融機関の本支店か自動契約機で即日融資の申し込みをしましょう。そこで申し込むとローンカードを発行してもらえるので、それを使って本店もしくは提携のATMから即キャッシング可能になります。中でも自動契約機は土日祝日・夜間でも営業しているので、遅くなってからでの即日融資にも対応してくれ便利です。

 

不明な点はテレビ電話や音声でオペレーターに確認でき、身分証明書等もスキャン機能で簡単に提出できます。即日融資の申し込み方は様々ですが、午前中ならばインターネット申し込みをして銀行振込、14時を過ぎたら店舗や自動契約機を利用するなど、時間によって申し込み方法を変更するとスムーズに融資を受けれられるでしょう。ただ、店舗や自動契約機の営業時間は一律ではないので、公式サイトで前もって確認しておくのが大事です。

 

銀行カードローンの振込キャッシングと口座が同じ場合のメリット

即日融資に対応している金融機関は申し込み時間がポイントでしたが、自分の口座と即日融資カードローン対応銀行が同じ場合は、時間を気にする必要がありません。例えば、三菱UFJ銀行の口座を持っていて同行のカードローンを申し込む時、15時までに審査に通れば、夜間土日いつでも取引が可能になります。

 

ネットバンキングに登録していれば、さらにその幅が広がります。銀行口座に入金してもらえば、ネットバンキングでいつでも取引でき、あらゆるATMから引き出す事ができるのです。銀行の営業時間内に行けないという方には便利ですね。各社の公式サイトで詳細を確認してみましょう。

 

即日融資でも時間がかかるケースがある事を覚えておきましょう

即日融資に関する様々な情報を述べましたが、どの場合であっても審査が通過しなければ意味がありません。提出書類やこれまでの借入実績などにより審査が長引く場合は、即日の審査回答は難しくなります。融資対応機関の中でも銀行カードローンは審査に数日を要するため、即日融資を受けたい場合は銀行よりも大手消費者金融に申し込んだ方が確実です。

 

また、2つの金融機関にそれぞれ即日融資の申し込みをしておくと、どちらかの審査が落ちても、もう1つの審査には受かる場合もあります。このようにすれば最初からやり直す必要もなく効率的ですが、両方落ちてしまう可能性も考えられます。その場合に備えて、審査に通りそうな消費者金融を選びましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日