知られないためには最初が肝心

夫婦の間で秘密は無いに越した事がないとはいえ、やむを得ず内緒でキャッシングを利用する場合はあります。出来ればその事を夫や妻に知られたくない場合、どこに気をつけたらいいのでしょうか。

 

郵便物の有無

契約した後も、何らかの理由でキャッシング会社から郵便物が届く事があります。きちんと返済をしている限りは、それ相応の配慮がなされる事がほどんどですが、どんなに頼んでも回避できないケースとしては滞納があります。こうなってしまうと、もはや自分ひとりでは解決できない状態に陥ってしまっているかもしれないので、思い切って早めに配偶者に相談した方がいいかもしれません。仮に郵便物が来るにしても、封筒の外見は会社名がそのまま入っている事はありませんが、心配ならば郵送はしないでほしい旨を申し込み時などに相談すれば、そのようにしてくれるでしょう。

 

申し込み方法によっては郵送物もある

最近のキャッシング申し込みの主流はインターネットですが、この方法で申し込むとカードがその場で受け取れません。そのままにしておくと後日自宅に郵送でカードが届く事になります。もしそれが困るという事であれば、各社の自動契約機や店頭窓口へ行けば、申し込みをしたその日にカードを受け取る事が可能です。申し込みからカードの受け取りまでを完結したいのであれば、自動契約機か店頭窓口が一番安心ではあります。また、インターネットや電話での申し込みの後に自動契約機等でカードを受け取るようにすると、審査のために待つ事もないので手続きの時間が省けます。キャッシング会社によって、手続きの方法が若干違う事もあります。会社によっては、融資までが早い代わりに手続きは後から郵送で送ってゆっくり書いて下さいという所もあります。

 

カードがなくても振り込みで融資は受けられる

カードがなくても申し込み当日の融資は可能です。時間帯によっては当日の振り込みができない場合もありますが、急ぎであればその日のうちに即振り込みが利用できます。その場合、銀行の通帳の記録から融資の件がわかってしまう場合があります。実は振り込みの際、キャッシング会社の名前ではなく担当者などの個人名で振り込んでくれる事が可能だったりします。なので、通帳の記録を見ても一見何の事かがわかりにくいかもしれませんが、誰かからお金が振り込まれている事実は変わりませんから、キャッシングである事がわかってしまう可能性が高いでしょう。

 

専業主婦はキャッシングの利用ができない

キャッシングの条件として、安定した収入があります。収入の額がたとえそんなに多くなくても、一定の期間に安定した収入を得ているのであれば審査には通りやすいです。では、専業主婦は絶対にキャッシングができないのかといえばそれは違います。多くの大手銀行で扱っているカードローンに関して、配偶者に安定収入がある事がわかれば収入のない妻でも借り入れが可能な場合があります。また銀行系のキャッシングだと、専業主婦であってもしっかりとした本人確認ができれば、夫に報告をしなくても融資が受けられる事もあります。いずれにしてもその限度額はそれほど多くないと考えておきましょう。

 

どんなに配偶者に知られたくなくても、返済が滞ってしまうならば連絡が来てしまいます。特に滞納の状態が続いてしまうと、配偶者に知られて困るだけでは済まない話になります。きちんと契約をしているのですから、借りたお金は当然きちんと返済しなければなりません。もし知られたくないとしても、家族に迷惑をかけないよう借り入れは計画的に行うようにしたいですね。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日