足跡を一切残さずにキャッシングするには?

キャッシングをしていることを家族に知られたくない。そのために十分に注意していたはずなのに、内緒のはずがなぜか家族に、キャッシングのことを知られてしまった、、。こんな事態に陥らないようにするには、いくつかのポイントに注意しなければなりません。せっかく注意して使用しているのに、思わぬことからキャッシングのことがバレてしまい、気まずい思いをしないよう、まずは通帳管理から気をつけましょう!個人通帳だから安心と思っていても、振込みや引き出しをつい家族に頼んでしまい、そこからバレたという人もいます。

 

返済方法

第一に注意すべきは返済方法です。キャッシングにはウェブからの振込み依頼が便利ですが、自分の口座に対して振込みが行われるわけですので、その記録は通帳に残ります。電話で振込み依頼を行うとしても、通帳に振込みの記録が残ることに変わりはありません。

 

通帳を家族の目に一切触れないように出来るのであれば別ですが、それではあまりにも不自然で逆に怪しまれてしまいます。キャッシングのことをバレないようにするには、口座からの返済ではなく、ATMから返済することをお勧めします。ATMなら利用明細がそのまま発行されますので、自分用にはそれを保管しておけば済みます。

 

キャッシング用のカード

第二のポイントはキャッシング用のカード自体を発見されてしまう場合です。ローンカードの保管には十分に注意し、家族の目に触れない場所に置くようにしましょう。不注意にデスク回りに置いたり、財布の中に入れていると必ずバレてしまいます。クレジットカードや銀行通帳と一緒に財布に入れているのも、ちょっと危険。外出したときなど、家族の前で財布を開いたらローンカードが出てきて、家族に問い詰められた、ということになります。

 

ローンカードを財布に入れるときには、財布を見られてもじかに目に触れないような場所に入れるようにします。財布の中にローンカードを入れたまま、家族の人に手渡してしまうのは考え物です。支払いをしている最中にローンカードを見られてしまう恐れが十分あるからです。家族に財布を渡してしまうシチュエーションの多い方は、銀行カードローンを利用すると便利です。銀行のキャッシュカードにローン機能を付帯しているものなら、カード自体を見られても不都合ありません。

 

返済の延滞

三つ目のポイントは返済の延滞です。一日、二日の延滞であれば、すぐに返済を済ませれば催促の電話がかかってくることはありませんが、そのまま延滞を続けてしまうと、携帯ではなく自宅や職場に連絡がある場合もありますので注意しましょう。延滞した場合の連絡ですが、通常キャッシング会社の名前ではなく、担当者の個人名で連絡がありますので、催促の連絡があったからといって、そのまますぐにキャッシングがバレるわけではありません。

 

ただしそのまま延々と返済を延ばし延ばしにしていると、自宅に対して督促状が送信されるようになります。この場合も借入に対する督促ということが周囲の人に分からないように、封筒の体裁なども工夫はしてくれます。しかし自宅に対して督促状が送られるという事態は出来るだけ避けるべきではないでしょうか。

 

家族や職場の人に対してキャッシングを内緒にしているのであれば、キャッシング会社のほうから連絡をしなければならない事態に陥らないよう、注意するのことが先決です。電話連絡は個人名で、督促状の差出人もキャッシング会社とは分からないようにしてくれますが、それでも勘のいい人ならすぐに気がついてしまいます。

 

返済日に遅れそうな場合は、自分からキャッシング会社に一言申し入れるようにしましょう。事情を説明し、返済が遅れる旨を伝えるだけでキャッシング会社からの当面の督促連絡を避けることが出来ます。以前と違い現在では、多少の延滞に対して即座に取り立てを行うキャッシング会社はありません。ただし連絡なく延滞を繰返していると、度々の督促を受けたり、次回以降のキャッシングの申込みの審査で不利な取り扱いを受けてしまいます。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日