契約である以上学生も会社員も条件はみんな同じ

条件はありますが、キャッシングは学生でも利用が可能です。20歳以上でアルバイト等の収入が安定してある事がわかれば、収入の額の大小はあまり関係がありません。

 

もちろん返済能力は様々な角度から見られますので、学生の場合は利用限度額もそれほど高くはならない事が多いです。その際によく聞かれるるのが、学生の立場でキャッシングを利用している事が親に知られるのだろうかという心配です。

 

家族に知られずにキャッシングは可能

キャッシングを申し込むと、学生であれサラリーマンであれ同じように審査を受けます。本人確認ももちろん行われますが、自宅に確認の電話などがいく事はありません。最近は、WEB上で手続きを完了できるキャッシング会社が多いので、書類一切なしの借り入れも可能な場合があるほどです。

 

どのような形であっても、申し込みから契約までの手続きは必ずあります。インターネット以外の方法で申し込む場合は、郵送物の有無の確認はしっかりと行った方がいいでしょう。多くのキャッシング業者が自動契約機を置いていますが、そこでは郵送用の書類を置いてある所や、自動契約機で一通りの入力を済ませてから後日郵送で書類を送ってくるようにしている所など、その方法は様々です。

 

この際に、郵送の方法によっては郵便局受け取りにするのか、郵便以外の方法にするのかをしっかりと決めておかないと、思いがけず郵便物が届いて親に心配をかけてしまう事も起こり得ます。実はキャッシング業者からの郵便物は、一見それとわからないように工夫されています。

 

では、どのような形で郵便物が来る可能性があるでしょうか。

 

滞納続きは絶対にアウト

まず、絶対に郵便物が来るケースは何と言っても滞納でしょう。きちんとした利用を続けている限り、キャッシング会社は利用者に対して最大限の配慮をしてくれる事が期待できます。ですが、返済が一度ならず二度三度と滞り、そのまま滞納などという事態が万が一起これば、会社は一転して返済金の回収作業に入ります。携帯電話がつながったとしても、返済が出来ていないのであれば自宅に督促状や電話が来るでしょう。そうなれば、確実に家族にはキャッシングの利用は知られます。

 

顧客の優等生はさらなる利用案内に注意

それでは滞納さえ気をつけていればいいかと言えば、場合によっては違います。各種案内を含む全ての連絡がメールで通知されるようなWEB契約などではない場合、事前に止めておかないとダイレクトメールなどの案内などが郵送されてくる場合があります。通常キャッシング会社の封筒は、見た目で会社がわからないような工夫と配慮がされているとはいえ、郵便物を家族が全て開ける事になっている家庭もたくさんありますし、何だかがわからない封筒は逆に心配して開封してしまう事もあり得ます。最近の大手キャッシング会社はインターネットを中心に運営している事が多いので、スマートフォンやパソコンを利用する事が多い若者であればWEBでの取り引きが便利なのではないでしょうか。

 

手続きの際は最後までの流れをよく確認しておく

いくら学生とはいえ、キャッシングを利用する以上は立派な契約ですから、責任をもって自己管理をしましょう。申し込み方法によって、その後の契約の流れが違う場合もあります。例えばカードの受け取りも、自動契約機か窓口で受け取らない場合は自宅に郵送で届きます。自宅に届かない方がいいのであれば、直接取りに行くのが一番いいでしょう。電話やインターネットでの契約の場合であれば即融資が可能で、カードがなくても振り込みでの利用も可能です。それをそのままにしておくと、カードが自宅に届きますので受け取り方法には注意が必要です。手軽にお金が借りられるからこそ、返済はきちんと行えるように計画をたてて利用しましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日